医療アートメイク

医療アートメイクとは、医師の管理下で行う眉やアイラインなどの皮膚の表皮部分だけに、針で色素を入れて肌を染色させる医療メイクです。 
刺青やタトゥーとは違いごく浅い部分に着色するので、皮膚の新陳代謝とともに少しずつ薄くなっていきます。
眉が薄いのが気になる方、眉やアイラインのメイクが苦手な方、目力アップしたい方などにおすすめです。また、女性だけでなく男性にもおすすめです。

医療アートメイクはこのよう方におすすめです

アートメイクをすると、汗や洗顔でも眉やアイラインが落ちないため、水泳や汗をかくスポーツをしている方、温泉に行った時や花粉症で目をこする癖のある方も落ちないので大変便利です。

□ 眉が薄い
□ 眉やアイラインを自分で上手く描けない
□ 朝のメイク時間を短縮したい
□ 水泳や汗をかくスポーツをする
□ 仕事や子育てで時間がない
□ メイクが面倒だ
□ 目をぱっちりとさせた
□ 旅行や出張が多い


アートメイクの種類

マシーン(機械)彫り 施術時間が早いという利点があります。ですが、濃淡が付けづらいのでナチュラルさを出すのが難しい方法です。
手彫り 施術に時間がかかりますが、とてもナチュラルにな仕上がりになります。マシーンよりも柔らかく眉頭をぼかしたり、濃淡を出す事でグラデーションとなります。

当院のオリジナル医療アートメイク

用賀ヒルサイドクリニックでは手掘りで施術を行います。
すべてを点で入れて自然で柔らかなグラデーションにするだけでなく、毛流れに合わせた線も入れることができます。この毛流れの線も点を繋げて線にしていくので柔らかなごく自然な線になります。点でグラデーションを作りながら点を繋げて毛流れを入れることが一番技術が必要となり時間のかかる作業となります。
アイ・インサイド・粘膜ライン 当院のアイラインの施術では、まつ毛の上に引くアイラインのほかにまつ毛のすき間を埋めるインサイドラインさらにまつ毛よりも内側の粘膜部分に入れる粘膜ラインにも入れる事が可能です。
インサイドラインと粘膜ラインは、黒目が大きくはっきりと見える効果があります。自分でメイクをしてもすぐに落ちてしまう部分なのでとくにおすすめです。

医療アートメイクの症例(眉)