メディカルダイエット
diet
ダイエットをしてもなかなか取れない脂肪には、医師によるメディカルダイエットが効果的です。
美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでは脂肪溶解注射メソポレーション(無針セラピー)ボトックス小顔脂肪溶解注射BNLS点滴内服薬によるメディカルダイエットを取り入れております。

脂肪溶解注射

美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでは高純度100%の脂肪溶解成分「フォスファチジルコリン」と、フォスファチジルコリンと他の有効成分をブレンドした「リジェンスリム」、フォスファチジルコリンに合わせてデオキシコール酸Naを主成分とした「ミケランジェロ」という3種類の脂肪溶解薬剤を取り扱っております。
医師が診察し、気になるところの脂肪量を判断し、的確な治療方法でご案内いたします。
脂肪の量によって、5mm~1cm間隔で注射していきます。

✦こんな方におすすめです
・ダイエットをするが部分的に(脂肪が)落ちない部分がある
・短期間で痩せたい
・筋肉は落とさずに脂肪だけを落としていきたい

脂肪溶解剤(フォスファチジルコリン)

脂肪溶解剤に含まれるリン脂質が脂肪細胞の膜を不安定にさせ、次々と細胞膜が破れて、中の脂肪が液状になって出てきます。 脂肪細胞から出てきた脂肪はマクロファージやリンパ管などに吸収され、肝臓や筋肉で分解されたり、尿・汗・呼気になってからだの外へ排出されます。

リジェンスリム

注射の薬液(フォスファチジルコリン)をオプションとしてリジェンスリムに変更することも可能です。

✦リジェンスリムのメリット
従来はなかなか除去できなかった痛みや青タンを引き起こす成分を一部取り除くことが可能となったため、注射時の痛みが軽減されました。また、最高純度に精製された脂肪溶解成分(フォスファチジルコリン)を使用しています。Lカルニチンを配合しているため、溶けた脂肪を効果的に燃焼していきます。さらに、筋肉増強成分であるIGF-1を配合しているため、筋肉量がアップすることで基礎代謝量が増加します。

ミケランジェロ

micherangelo
イタリアで開発された、ダウンタイムも大幅に軽減された最新脂肪溶解注射になります。
ミケランジェロは、フォスファチジルコリンに合わせてデオキシコール酸Na(ナトリウム)が主成分になっています。
また、脂肪細胞膜を科学的に溶かし不安定な状態にさせ、脂肪細胞に蓄えられた脂肪を遊離脂肪酸とグリセールに分解します。分解されると水溶性である遊離脂肪酸とグリセールは、リンパ血液に入り、体外排泄されます。このようにして脂肪細胞の中の脂肪量を減らし、ひとつひとつの脂肪細胞の大きさを縮小させ、脂肪細胞膜を壊して、脂肪細胞数を減らすことで、痩せたい部分だけの確実な部分痩せが可能になります。

従来の脂肪溶解成分(フォスファチジルコリン)を主成分とした脂肪溶解注射はかなり内出血と腫れ・痛みが出ていました。内出血は1週間で引き、痛みは1~2日続く事が多かったのですが、人によってはかなりの痛みの感じ方が強く出てしまう方もいらっしゃいました(腫れも伴う場合もあります)。注射後にむくみのような腫れが何日も続く事もありました。そのため、痩せる目的でやっているのに最初のうちは細くなってるのかが実感できないことが多かったこともありました。

ミケランジェロには、脂肪溶解成分の主成分に合わせて脂肪を燃焼させるカルニチン、代謝を高めてドレナージ(体内の余分な水分などを排泄する事)を促すカフェイン、抗酸化作用を高めるαリポ酸などがブレンドされています。これらの成分は脂肪溶解によって生じるむくみを速やかに解消するので、腫れを最小限に抑える事が出来ます。またこれらの成分によは脂肪排出効果を高め、再び脂肪がたまるのを抑制する効果があります。ダウンタイムもあまりないので生活の制限がほとんどありません。ですから、施術当日から普段通りの生活が送れるので忙しい方にも適しています。


✦こんな方におすすめです

・従来の脂肪溶解注射(フォスファチジルコリン)で痛みや内出血・腫れなどがあった方
・わき(ブラジャー)や骨盤の上に乗る脂肪が気になるなど細かい部分のダイエットをご希望の方
・運動だけではなかなか落ちない部分(太ももなど)を落としたい
・脂肪溶解注射後のダウンタイムが心配な方
・代謝をアップしながら痩せたい(筋肉は落とさず脂肪のみを落とした

痛みもほとんどないため、その方に合わせて最適なボディメイクのご提案ができるのも大きなメリットです。ただ痩せるという事だけでなく、この部分のこの脂肪が気になるといった細かい要望も反映できるので、ボディーラインにこだわりのある方にも美しいボディデザインを提供する事が出来ます。美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでは細くしたいところだけを細くし、メリハリのある体になるようにお一人おひとりに合った方法をご提案し、施術を行ってまいります。
micherangelo2

◀お尻~太ももにかけてのミケランジェロ注入
1回での注射での効果ですが、脂肪量や注入するミケランジェロの量によって個人差はございます。
その方の気になる場所、脂肪量を医師が診察しどのくらいの注射量で治療可能であるかを判断させて頂きます。

micherangelo3

◀腹部~腰回りにかけてのミケランジェロ注入
腰回り、下腹部ともにすっきりしているのがわかります。

効率よく脂肪を落とすためにメソポレーションとの併用をおすすめします

痛みに弱い方でも、メソポレーション(無針メソセラピー)による脂肪溶解成分の導入と合わせての治療により、美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでは多くの方が効率よく脂肪を落とすのに成功しています。
脂肪溶解注射の場合、即効性がありますが注射のみで続けていくとムラになることがあります。メソポレーション(無針メソセラピー)の場合は、効果はゆっくりですがムラになりにくいという利点があります。
メソポレーションで脂肪細胞の膜が不安定になり、壊れかけている脂肪細胞を脂肪溶解注射で一気に壊すことで、より効果的なダイエットが可能になります。

部分痩せのためのメソポレーション(無針メソセラピー)

脂肪溶解注射とセルライト除去

*

メソポレーション(無針メソセラピー)という方法によって、より効果的な部分痩せが可能になりました。
マトリポアプラスを使用し、皮膚の奥深くの脂肪組織まで脂肪溶解剤やセルライト除去剤などを導入する方法です。
顔痩せ(フェイスライン、下まぶたの目の下のふくらみ)、二の腕、お腹、下半身(おしり、太もも)などの部分痩せをお考えの方は、ぜひご参照ください。
※ただし、目の下のふくらみの場合は脂肪溶解注射の方が効果が出やすいです。

メソポレーション(無針メソセラピー)とは

注射針を使用しない、痛くない部分痩せ
*

お顔への無針メソセラピー施術の様子。青いハンドピースの先から薬液が皮膚中に導入されます。

部分痩せのためには、痩せたい部分の脂肪溶解とセルライト除去が必要になります。
従来、脂肪溶解剤やセルライト除去剤などの成分注入には注射を使用していました。
これに対して、メソポレーション(無針メソセラピー)は注射針を使わずに有効成分を皮膚の奥深くに導入する方法です。

✦無針セラピー・部分痩せの特徴
①注射針を使わないので痛みがない。
②薬液の導入効率が高い。
③痩せたい部分にピンポイント効果
④筋肉を落とすことなく、細くする事が可能
⑤リバウンドの心配がない
無針メソセラピーは脂肪溶解剤・セルライト除去剤の注入に注射針を用いないため、痛みは全くありません。顔や体にあざや注射針の痕を残さず肌を傷めませんし、感染の危険度もありません。

顔・二の腕・お腹・おしり・太もも・下半身…文字通りの「部分痩せ」が可能です

「顔だけ」、「二の腕だけ」、「お腹だけ」というように、部分痩せしたい部位のどこにでもピンポイントの治療ができます。また、おしりと太ももに同時に脂肪溶解・セルライト除去を施すことで、総合的に下半身を細くするといった治療ももちろん可能です。

無針セラピー導入薬剤

部分痩せの無針メソセラピーに使用する薬剤は、脂肪溶解剤・セルライト溶解促進剤です。 その方の脂肪の状態を医師が触診して、最適なブレンドで薬剤を導入していきます。
脂肪溶解剤 脂肪溶解剤に含まれるリン脂質が脂肪細胞の膜を不安定にさせ、1~2週間ほどで細胞膜が破れて、中の脂肪が液状になって出てきます。
脂肪細胞から出てきた脂肪はマクロファージやリンパ管などに吸収され、肝臓や筋肉で分解されたり、尿・汗・呼気になってからだの外へ排出されます。
セルライト
溶解促進剤
セルライトは脂肪組織の塊に老廃物などが固着した物質。代謝されにくいため、食事制限やエクササイズなどでは、除去が困難なものでした。
セルライト溶解促進剤は脂肪細胞の周りに付着した老廃物を取れやすくし、脂肪によって妨げられていたリンパの流れや血行をよくすることで、セルライトが壊れやすい状態に導きます。
また、脂肪細胞が脂肪を溜め込もうとする作用を抑える働きもあります。

※脂肪溶解剤とセルライト溶解剤の安全性
分解された脂肪は肝臓や筋肉で分解されたり、尿・汗・呼気として薬剤と一緒に体外に排出されますので、体内に蓄積されません。 また、溶解剤の主成分は、脂肪細胞膜の構成成分である数種類のリン脂質を一定比率に調整したものです。 ステロイドやその他のホルモン剤などは一切配合されておりません。
*

◀無針セラピー10回終了(※治療ペースなど効果の出方には個人差があります)
太ももの脂肪が大幅に減りすっきりしたのがわかります。

より効果を高めるために脂肪溶解注射との併用がおすすめです

より短期間で効率的にダイエットをしたい方には脂肪溶解注射を併用して治療していくことがオススメです。

小顔脂肪溶解注射BNLS

注射
皮膚を切らずに顔の脂肪を減らす最新小顔注射

小顔脂肪溶解注射BNLSとは

脂肪吸引の手術をすることなく顔や、身体の脂肪と皮膚を引き締めながら減らす事が出来る治療法です。脂肪分解作用・リンパ循環作用・肌の引き締め作用という3つの作用があります。この作用で、血流やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体に溜まっている老廃物の 排出を促します。ですから従来の脂肪溶解注射では効果が出にくかった顔の脂肪をしっかりと減少させてひきしめていく事が可能です。
また植物由来成分を主成分としていますので、体への負担が非常に少なく治療する事が出来ます。

✦このような方はBNLSがおすすめです!
・顔の脂肪が気になる
・顔のたるみが気になる
・小顔になりたい
・痛みに弱く、手術や他の脂肪溶解注射を断念した
・ダイエットしても顔だけ痩せない
・ダウンタイムがあると困る(仕事の関係や長期休暇が取れないなど)
・輪郭をすっきりさせて、肌を引き締めたい
・家族や周囲の人に治療を知られたくない(腫れなどが困る)

BNLSは脂肪を溶解する成分の他に、炎症を抑えてむくみを予防する成分が入っています。そのため従来の脂肪溶解注射に比べ、施術後の腫れや痛み、赤みなどが大幅に軽減され施術後のダウンタイムがほとんどなくなりました。

効果の高い場所


眼の下のふくらみ
頬部(法令線の上にかぶさる脂肪)
口の横(笑ったりするとできるたるみ)
口角の下(ブルドッグのようなたるみ)
下頬(顎周りの脂肪をとることで顎を細く小顔に)
アゴ下(二重あご)をスッキリ
耳の下から首にかけてのたるみ(これをとることでフェイスラインがスッキリ)
鼻筋(太い鼻をシャープに)
小鼻(だんご鼻を小さくできます)
体の脂肪の多い部分(皮膚の引き締め効果が高いので脂肪のあった部分のたるみも軽減されます)
※お顔の脂肪のある部位は基本的に注入できます。
bnls
BNLSの注入量の目安として、法令線付近の頬で片側1~2本位、顎下3~6本位、鼻の皮下脂肪2本となります。

効果の出方と注意点

注入後3日目ごろから効果を実感でき、1週間程で完成します。翌日以降に注入部位を軽くマッサージをしたり、軽い運動を行うと、より薬剤の効果が出やすくなります。
BNLS注射は1回でも効果を得られる方もいますが、個人差があります。1~2週間の間隔をあけて3回程度治療を繰り返して頂くとより効果的です。脂肪の量によっては回数を多くする方もいらっしゃいます。

治療部位の注射痕は、1~2日で自然に治ります。施術直後は軽度の赤みや腫れが見られますが、通常は数時間で改善します。また、内出血してしまった場合は1~2週間程かけて引いていきます。多少むくみが出ますが、大きな腫れになることはほとんどありません。
当日は、入浴(軽いシャワーは可)・サウナ・激しい運動・飲酒等はお控えください。洗顔・メイクは施術後2~3時間経てば当日から可能です。注入部位を強く押したり、過度にこすったりしないように注意すれば軽めのメイクをしてお帰りいただけます。

こちらの治療を併用するとより効果が期待できます。

サーマクール、小顔ボトックス、リードファインリフトを併用して頂くとより相乗効果を高める事が出来ます。BNLS治療後3~5日後からの治療が可能です。

小顔・足痩せボトックス

ボトックス注射によるダイエット

ボトックスのほっそり小顔効果

①エラをなくす
エラが張っている方や下膨れだと自分で思っている方の多くは、実は骨の形を変えなくても(=骨削りなどしなくても)、咬筋にボトックス注射を行うことでほっそりさせることができます。 エラの張った方は咬筋もしっかり発達していますので、咬筋のちからコブがなくなるだけで小顔効果が得られます。 咬筋ボトックスは定期的に施術することで咬筋の筋線維が細くなり、エラ部分の筋肉のコブが目立たなくなります。その後は施術をたまに受けるだけで、ほっそりした小顔が続くようになることが期待できます。 まずはエラの咬筋がどれくらい張っているかを診察しますので、それによりどれくらいの小顔効果が得られるかがわかります。

②あごを細くとがらせる
あごの筋肉に力が入っていると、あごは平たくなります。思いっきり力を入れると、梅干のようになりますよね。ボトックス注射によって無意識に入っている筋肉の力をなくしてあげるだけで、 常に尖ったあごが保てるようになります。
しかし、実際には横顔を意識して合わせ鏡で見ている方は少ないので、自分で気づいていない方も多いです。

全ての方に適応するボトックスの小顔効果

☆しもぶくれをスッキリさせる
☆卵形の輪郭の方はシャープなほっそり顔に

頬がボテっとした下ぶくれタイプの方も、ボトックス注射で憧れのスッキリとしたフェイスラインにすることができます。もともとの顔の形だからと諦めていた方も、 実は筋肉の発達により余計に下ぶくれを目立たせてしまっていることが多いです。
顔の脂肪や筋肉の状態を診察してより理想の小顔に近づけていきます。
全ての方に適応ですが、効果が高いかどうかは個人差があります。診察時に筋肉の大きさをチェックして、効果がでやすいかどうかを判断します。

ふくらはぎを細くする効果

特にヒールを履くとふくらはぎが子持ちシシャモのようにボコッとでてしまうのが気になる方にボトックス注射をおすすめします。 この筋肉のコブがなくなると女らしいほっそりしたふくらはぎになります。
bx

ダイエット点滴・注射

■プラセンタ+αリポ酸+Lカルニチン

¥10,500

肌のハリ・ツヤをアップさせながら脂肪の燃焼を促しますので、美しく痩せていくことが出来ます。

■αリポ酸+ビタミンB+Lカルニチン〈こちらは注射になります〉

¥6,200

点滴の時間が取れない方におすすめです。
個人差はありますが、αリポ酸は注入時に血管痛を感じる事があります。その場合は上記内容を点滴にしてゆっくり入れていくようにすると 痛みを感じなくなります。(+1,000円)
早く効果を出したい方は週に2回以上、スタイルを無理なく維持したい方は週に1回程度行うのがお勧めです。

ダイエット内服薬

✦ゼニカル

*

ゼニカルは、食事で摂取した脂肪を体内に摂取させずに身体の外に排出する飲み薬で、FDA認可を受けている安全性に優れたダイエット薬です。

ゼニカルの働き

脂肪は肝臓から分泌されるリパーゼという酵素によって分解され、腸から吸収されます。ゼニカルは、このリパーゼの働きを抑えますので、食べた脂肪は分解されず、そのまま便として排泄されます。

ゼニカルの効果について

ゼニカルは脂肪の吸収阻害薬ですので、食べた脂肪はそのまま排泄されますが、炭水化物やたんぱく質はしっかり吸収されます。ゼニカルを飲んでいるからといって安心して食べ過ぎると意味はありません。
食生活にも気をつけて上手に使うことで非常に高い効果が期待できます。そして、すでについてしまった皮下脂肪や内蔵脂肪は取り除いてくれませんので、運動することで脂肪燃焼させる必要があります。

用法・用量

食前もしくは食中に1錠服用します。飲み忘れた場合は、食後30分以内に服用してください。
ただし、脂肪分が含まれない食事のときは(サラダ、お蕎麦など)、あまり飲む必要はありません。

副作用

脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)は、脂質と共に吸収されるので、ゼニカルの服用を続けると一緒に排泄されてしまい不足する可能性がありますので、ビタミン剤を併用して摂取することをお勧めします。
ゼニカルは、食事で摂取した不要な脂肪分と結びついて排出されて、他のダイエット薬のように体内に吸収されることがないため、副作用がほとんど見られないのですが、まれに軽い腹痛や下痢などの症状、ガスにより胃や腸の膨満感がでることがあります。

適応症状

ダイエット中で早く痩せたい方
脂っこいこってりとした物が好きな方
外食が多い方

処方できない方

妊娠中の方
授乳中の方

✦サノレックス

*

食欲中枢を抑制し、満腹中枢を刺激することにより食欲を抑えるお薬です。少ない食事量でも満腹感を得られ、食べ物への執着が少なくなります。
サノレックスは高度肥満症(肥満度が70%以上または、BMIが35以上)において食事療法や運動療法で効果が不十分な場合に補助として使用される医薬品です。

適応症状

高度肥満症
過食ぎみ
一回の食事量が多い(ドカ食い)
間食が我慢できない
夕食後に夜食が必要
生理前に異常に食欲が増す

用法・用量

1日1回 1錠を昼食前に服用します。不眠の原因となることがありますので、夕刻の服用は避けてください。
連続して服用できる期間は3ヶ月が限度で、その後服用する場合は1ヵ月空けます。飲み忘れた場合は気がついた時にできるだけ早く飲んでください。
ただし、次の服用が近い場合は、忘れた分は飲まずに1回を飛ばしてください。絶対に2回分を1度に飲まないで下さい。

副作用

まれに口が渇く、便秘、めまいがでることがあります。

その他

ゼニカルとの併用可能。お薬だけにたよらず、食事療法や運動を取り入れながらダイエットするよう心掛けてください。

処方できない方

妊娠中の方
授乳中の方
うつ既往のある方
以前に使用してアレルギー症状が出たことがある方
※ 他に使用中のお薬がある方はご相談下さい。

♦アカルボース(低GI値ダイエット)

低GI値ダイエットとは、血中の血糖値の急激な上昇を防ぐダイエット方法です。

急激な血糖値の上昇はインスリンを過剰分泌させてしまい、そのインスリンが余分な糖質を脂肪として溜め込んでしまいます。逆を言えば血糖値の急激な上昇を抑えることができれば脂肪の増加を抑えられるのです。

一般的な低GI値ダイエット方法は、毎日の食事を低GI値食品に変えて、食後血糖値の上昇を穏やかにしインスリンの分泌を少なくすることで健康的なダイエットが可能になります。

実はカロリー以上に大事なのがGI値なのです。

アカルボースとは

毎日の食事を低GI値に変えて、それを日々継続することはなかなか大変なことです。

そのような場合でも、アカルボースを継続的に服用することで血糖値の急な上昇を抑えられます。たとえGI値の高い食品を食べてしまっても空腹期間が長かったとしても低GI値の食品を食べている状態にしてくれるのです。

アカルボースにより、GI値を気にしなくても良くなるという他にも「お腹が空きにくくなる」「リバウンド防止」「ダイエットによるストレスが少ない」などのメリットがあります。

アカルボースで効果的にダイエットするには

アカルボースは、すべての食品を低GI値にしてくれるので、「何でも食べていい」のですが、ただし「何でも食べていい」は「好きなだけ食べていい」ではありません。

あくまでアカルボースは血糖の上昇による脂肪増加を考えなくてすむだけなので、脂肪を落とすには低カロリーで低脂肪な食事を心掛けることが大切です。

しかし、筋トレをする場合は、逆に前後の食事はあえて高GI値食品を摂るとポテンシャルが上がり、結果的に効率の良いダイエットになります。筋トレ前後にアカルボースは飲まなくてもいいです。

アカルボース(低GI値ダイエット)がおすすめの方

◆低カロリーの物を食べているのに脂肪が減らない方
◆ある程度、体重が落ちるが皮下脂肪がたくさんある方
◆ご飯、パン、麺類、甘いものが我慢できない方
◆ダイエットにストレスを感じてなかなか続かないという方
◆健康的にダイエットしたい方

服用方法

1日3回、食前10分以内に1錠を服用します。

食事中に飲み忘れに気が付いた場合は、直ぐに1回分を服用します。食後に飲み忘れに気付いた場合は、1回分を飛ばします。一度に2回分をまとめて服用することは絶対に避けてください。

服用期間

アカルボースの服用期間は医師の指導で決めますが、服用方法をきちんとまもれば、基本的には長期間に渡っての服用が可能です。

服用中に注意すべき飲み合わせ

アカルボースは食後の血糖上昇を抑制する薬のため、他の血糖降下薬との飲み合わせに注意しなければなりません。糖尿病治療薬に限らず他の薬の服用中の方は、必ず事前に医師にお申し出ください。

アカルボース服用中の飲酒は、血糖値を乱して低血糖の発作を誘発するリスクが高まりますので、できる限り控えてください。

アカルボースの副作用

便秘、下痢、腹部膨満感などが症状として現れやすいですが、服用期間とともに徐々になくなっていきます。重篤な副作用はまったに見られませんが、ごく稀に次のような副作用が見られる場合があります。吐き気、動悸、息切れ、頭痛、発疹、尿の変色などの肝機能周りの障害。

また、アカルボース服用による低血糖症状によるめまい、ふらつき等が見られる方は、車の運転や高所作業は避けるようにします。

その他、気になる症状がある場合は、服用を中止し早めに医師にご相談ください。

以下の患者様はアカルボース服用前に必ず医師にご相談ください

65歳以上の方、ヘルニアの方、ロエムヘルド症候群、腸閉塞を起こしたことがある方、他の糖尿病治療薬を服用中の方

アカルボースを服用できない方

妊婦・授乳中の女性、小児、糖尿病による糖尿病性前昏睡、糖尿病性昏睡の症状が見られる方、重度の肝機能障害・腎機能障害・胃腸障害の方、重症な感染症の方、外科手術を控えている・または手術直後の方、重篤な外傷のある方、痒み・アレルギー等の症状が出た事のある過敏症の方、重症ケトーシスの方