しわ治療
inje
表情によってできるしわや法令線。
加齢によるたるみなど・・・メスを使わず治療。

美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでは様々な治療方法を取りいれ患者様一人ひとりのお悩みに合わせた治療法をご提案させて頂いております。
ヒアルロン酸注入 ボトックス注射
ビスタシェイプ マイクロボトックス
レディエッセ ジェネシスレーザー
メソポレーション メソヒアル
リードファインリフト レチノイン酸(外用薬)

しわの原因とは・・・

HR

皮膚中のコラーゲン線維やエラスチン線維は、日々減少しています。 又、筋肉の動きにより、皮膚に折り目がついてシワができます。 新しい線維も作られていますが、減少する量の方が多いので、結果的に減少します。そうすると皮膚の中がスカスカになってハリがなくなり、小ジワやたるみが生じます。 さらに、たるみが生じた部分は重力の影響で下に落ちてきますが、その際たるんだ部分の下に折り重なったようなシワが発生します。

ヒアルロン酸注入(ヒアルロン酸注射)

ヒアルロン酸注入について、注入部位や効果について治療例の写真を紹介しながら詳しく解説します。

ヒアルロン酸注入(注射)の効果

ヒアルロン酸注入によって、唇・目の下や頬をふっくらさせたり、法令線(ほうれい線)など口もとのシワの軽減、また平坦でコンプレックスになっていたところ(鼻やあご)を盛り上げる効果が得られます。
ヒアルロン酸注射はシワやたるみが現われている皮膚の直下に施しますが、オペとは違い、メスを使用ぜずに専用の注射器により行います。
治療直後に効果の実感が得られるのもヒアルロン酸注入の魅力。水分保持効果により肌全体がみずみずしくなるほか、弾力も蘇ります。半年から1年かけて徐々に体内で吸収されていくため定期的に注入するのが効果的ですが、途中でやめたとしてもダメージは全くありません。
*

◀法令線(ほうれい線)へのヒアルロン酸注入の例。注入前と比べかなり目立たなくなっています。

ヒアルロン酸注射を行う部位と効果

ヒアルロン酸注射を行う顔の部位は、
額、眉間、目元、鼻、口元、唇(くちびる)、あご、こめかみ、頬などです。
下記のような効果を出すことができます。
横シワ・ゴツゴツとした骨格の額の場合、丸味をもたせる
眉間 縦シワ
目元 目の上のくぼみ・目の下の涙袋・目の下のたるみやクマ(くま)
鼻筋を通す・鼻を高くする・段鼻の改善
口元 口角・口元のシワ・法令線(ほうれい線)・鼻の下のくぼみ
唇(くちびる) 厚みをもたせふっくらさせる。唇(くちびる)の縦シワ・老化によりしぼんだ唇を元のハリのある唇に戻す。
あご あご先を尖らせる・前に出す・二重あごの改善・たるみの改善
こめかみ 年とともにこけたこめかみを丸くし、ふっくらさせます。
年とともにこけた頬をふっくらさせます。頬の一番突出した部分が10代のころに比べて重力の影響で下がってきているので、突出のポイントを高くすることで若々しい印象に変えます。
※その他、ヒアルロン酸注入(注射)はあらゆる部位に適用可能です。

ヒアルロン酸の役割

ヒアルロン酸は、水分を抱え込んでくれる非常に優れた成分です。もともと肌の真皮に存在し肌のハリを保っています。それ以外にも、関節、脊髄、心臓、動脈、脳、眼球、子宮などにも存在しているものですので、ヒアルロン酸を注入することで将来何かトラブルがおこるという事もありませんしアレルギーもおこしません。長期間繰り返し注入が必要な変形性膝関節症の治療剤としても使用され、安全性の高いことが確認されています。
体内のヒアルロン酸は年齢とともに減少しますが、これがシワを悪化させる原因の一つになります。
美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでは注入時に「ジュビダーム」という、粒子がなくジェル状のもので粘性が高く流動性に優れているヒアルロン酸を使用しています。
ヒアルロン酸の持続効果は、部位によって個人差があり半年〜1年前後持続します。施術後から少しずつ吸収されていくので、1年以内に少しずつ足していく方法をとることが多いです。次回の施術では吸収された分を足すことになりますので、 前回の施術よりも注入量も費用も少なくて済みます。
粒子の小さいヒアルロン酸ほど、より吸収されやすい特性があります。したがって、ベース(皮膚の深い所)にレディエッセを注入し、その上層(皮膚の表面に近い方)に粒子の小さい ヒアルロン酸を注入することにより、吸収されにくくする工夫をしています。(眼瞼にはこの方法は採用できません)
上記のように、皮膚表面に 近いところだけに注入するのではなく、ベースから十分量を注入することで吸収されにくくもなり、自然な仕上がりにもなります。

ジュビダームとは

*

ヒアルロン酸を注入した時に、目元などの皮膚が薄い場所だと白っぽく見えることや、ちょっとした凸凹感がごく稀に気になることがありましたが、これらを解決するために開発されたのが「ジュビダーム」です。
安全なボトックスを製造している事でも有名なアラガン社の製品で、ヒアルロン酸製品のなかでFDAが初めて1年間の効果持続を認証しています。

ジュビダームの特徴

粒子がないジェル状で、粘性が高く流動性に優れています。
ツブツブ感がなく均一でなめらかなので、仕上がりがとても自然です。
ジュビダームは安全性にも優れており非動物由来なので皮内テストが不要ですし、BSEなどの感染症の心配もなく、アレルギー反応を起こす可能性は非常に低いものになります。
美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでは、「ウルトラ2」というやわらかいタイプのものをご用意しております。目の下などの皮膚がうすい部分に使用するのに適しており、白く浮き出た感じになりにくく、なめらかなハリと弾力を保つのに役立つと言われています。また、リドカインという麻酔があらかじめ含まれていますので、注入時の痛みがかなり軽減されます。
ヒアルロン酸注射による法令線(ほうれい線)と口角の改善例
▲法令線(ほうれい線)と口角へのヒアルロン酸注入の例。シワの直下にヒアルロン酸を注射することで、シワが大幅に改善されます。
ヒアルロン酸注射による法令線(ほうれい線)とたるみの改善例
▲50代前半女性のたるみ治療の改善例です。
ヒアルロン酸を法令線(ほうれい線)に両側で2本、マリオネットラインに両側で2本注入しました。治療直後に効果の実感が得られます。内出血や急激な変化が心配な方は、ヒアルロン酸を少量ずつ注入することも可能です。ホウレイ線は少量で様子を見たのでさらに目立たなくさせたい場合は、1~2本追加するといいでしょう。その後まだ気になるようであれば、やわらかいタイプのジュビダームを1本隙間を埋めるように注入し、なじませていくとより自然な仕上がりになります。
また予防的なメンテナンスや、注入したヒアルロン酸の効果を長持ちさせるためにサーマクールの照射を年に1回ほど行うだけでかなり効果がかわります。
半年から1年かけて徐々に体内に吸収されていくため、定期的に注入するのが効果的です。
ヒアルロン酸注射による唇(くちびる)の改善例
▲写真は富士山リップの治療例。ヒアルロン酸注入により唇がふっくらし、口紅も映える!

ヒアルロン酸の分解・除去との関連

注入された純粋なヒアルロン酸は処置後6ヶ月~1年で水に分解されるものが多く、最終的には体内で吸収されます。つまり、ヒアルロン酸注入後1年ほどで効果がなくなることになります。そのため、注入時に合成樹脂を混ぜ合わせることで、ヒアルロン酸の30~40%を体内で半永久的に残存させる方法を採用されているところもあるようです。しかし、こうした処置の20年後、30年後といった長期に渡る安全性は未だ立証されていません。その疑問から、美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでは純粋なヒアルロン酸による注入をおすすめしています。
ヒアルロン酸分解除去に関してはこちら

ヒアルロン酸注入(目の下) 治療経過

施術後 麻酔クリームをしたので、針の痛みは無いが、ヒアルロン酸を注入する際の圧迫されるような痛みは感じた。我慢できるくらいではあった。
若干の腫れと内出血がある。よく冷やす。
帰宅後 自宅でも保冷剤で冷やした。
貼れと内出血はまだ残っている。
1日目 内出血の部分が青タンのようになってきた。
コンシーラを使ってカバーした。
2日目 触ると何となく違和感がまだある。
3日目 青タンのところが黄色っぽくなってきた。
腫れはほぼ引いている。
7日目 青タンはほとんど消えてきた。
注入部位の違和感もなく、かなりなじんできた。
2週間後 少し物足りないかも?という気がしてきた。
1ヵ月後 再注入
2ヵ月後 全体的になじんでフラットになり満足。
最初の写真と見比べるととても症状が改善されているのがわかった。
6ヵ月後 少し減ってきた感じがするので、診察で相談して、再注入をして微調整する。
そこまで多くは減ってなかったので、注入量も少しで済んだ。

ヒアルロン酸注射後の注意点

注射直後より効果が実感できます。
ヒアルロン酸注射は安全かつ短時間で終了しますので、気軽に受けていただけます。施術後は過度にこすらないようにしてすぐにメイクしてお帰りいただくことも可能です。医師が直後マッサージをしてなじませることがありますが、特に医師の指示がない限り定着するまで(約1週間程度)過度なマッサージは控えてください。鼻筋の処置後は、当日のみ眼鏡はかけないようにご注意ください。

ヒアルロン酸分解除去(ヒアルロニダーゼ)

他のクリニックで注入したヒアルロン酸でも分解・除去いたします

・ヒアルロン酸を注入したがやはり気に入らない。
・凸凹感がいつまでも続いていたり不自然な膨らみやしこりがある。
・期待していた仕上がりのイメージと異なる。
・笑った時や「ある表情」をしたときに注入部位が目立つ。
・違和感やつっぱりが続く。
・注入した部位とずれてきてる。
・鼻筋を高くするのに注入していたが、鼻筋が少しづつ太くなってきてしまった。

このような方に、ヒアルロン酸分解酵素の注射液を使用して、 注入したヒアルロン酸の分解・除去処置をいたします。 この治療によりヒアルロン酸注入前の元の状態に戻すことができます。 また、完全に元の状態に戻したいわけでなく「この部分とこの部分の凸凹のみ取りたい」などの 細かい要望にもお答えできますのでご相談ください。

また上記のような自覚の症状がある方以外にも、
数年間の間に複数回同部位への注入をしている方は、一度すっきり分解されてから注入しなおすことをお勧めしています。ヒアルロン酸は分解されるという前提ですがやはり、永年患者さんたちを見ていると、同じ部位への注入を繰り返してる方たちは少しづつ残ってることが多いです。この場合一度分解してから入れなおすほうが仕上がりがすっきりすることが多いです。

ヒアルロン酸分解注射の薬剤(ヒアルロニダーゼ)にについて

ヒアルロン酸分解注射は牛や羊から抽出したヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を分解する酵素の注射です。
このヒアルロン酸分解注射でアレルギーを起こす方がいらっしゃいますが、アレルギー反応は確率的に非常に低いと言われております。当院では多数のヒアルロン酸分解注射の処置をさせていただいておりますが、現時点でアレルギー反応がでた方は1度拝見したことがあるだけです。もし、ご希望であれば、腕の内側に皮内テスト(試し打ち)をすることも可能です。また、アレルギー反応が出た場合も当院は薬を用意しておりますので1~2日ですぐにおさまらせることはでききます。

ヒアルロン酸の分解・除去における注意点

ヒアルロン酸の分解注射はほとんどのヒアルロン酸を分解することが可能ですが、ヒアルロン酸の種類や注入量、注入の仕方により分解されにくい場合があります。注入したヒアルロン酸が分かる場合はお知らせください。分解されにくい場合は一回の治療では思うような効果が出ないこともあり、分解できるまでの治療回数が多く、時間のかかる場合があります。
※ヒアルロン酸以外は分解しませんので、ヒアルロン酸に合成樹脂を混ぜている製剤などでは合成樹脂は除去できません。

VISTAシェイプ(最新リフトアップ)

顔全体を立体的に改善し、肌を持ち上げる治療方法です。
法令線が気になる場合、従来の方法だと法令線をヒアルロン酸でボリュームアップさせる方法しかありませんでした。また、マリオネットラインに関してはヒアルロン酸を注入して線が目立たなくなってもフェイスラインがもたつくような印象があり、少量注入する以外はあまりお勧めできませんでした。
しかし新しい注入法は、1本のシワをなくすためにシワをヒアルロン酸で埋めるという従来の方法とまったく異なります。
「ビスタシェイプ」はその方の顔の黄金比を医師が診ながらお顔の黄金比に対して、足りない部分をピンポイントでヒアルロン酸を注入し、リフトアップさせ、結果的に法令線やマリオネットラインも引き上げて目立たなくさせていくという最新治療方法(VISTAシェイプ)になります。

法令線を目立たなくさせてもその人が若返った印象になるかというと、若返った感じは少なかったのですが、ビスタシェイプの治療法になると法令線やマリオネットラインが目立たなくなるだけではなく全体的に若返った印象にもさせてくれます。それはお顔の黄金比のバランスが整ってくるからです。年とともに黄金比が崩れてくるとその方のお顔はきれいに見えなくなっていきます。それを補正しつつ法令線やマリオネットラインを目立たなくさせていくのです。
またこれはコメカミのコケや、額の凹凸(額の凹凸は男額と言って女性でも骨の形により丸みのない額の方は多くいらっしゃいます。丸みのある額は女性らしさと若さをイメージさせます。しかし男額の方は年とともにハリがなくなると骨の形がよりしっかり現れて丸みがなくなっていきます。)にも効果的です。

ビスタシェイプですとリフトアップと凸凹を同時に改善する事が可能です。

ビスタシェイプの特徴

*

日本国内では、唯一製造販売承認を新しく取得したヒアルロン酸が、ジュビダームの中のジュビダームウルトラジュビダームウルトラプラスの2種類のみです。
通常6ヵ月程度持つ従来のヒアルロン酸と比べて、ジュビダームは酵素分解が遅く、約1年の持続効果があるものとして認められています。
美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでは、この安全性が確約されているものをビスタシェイプに使用しています。

*
▲ビスタシェイプ(ヒアルロン酸)を入れていくポイント

注入後の注意点

注入後はまれに腫れ感や、注入部位を触ると鈍痛や違和感があるかもしれませんが、この書状は日々和らいできます。 また、内出血をしてしまった場合は1週間、青あざができてしまった場合は2~3週間かけて引いていきます。 医師が注入直後マッサージをしてなじませることがありますが、定着するまでの約1週間はご自身やエステでのマッサージは避けるようにしてください。 当日は、入浴・サウナ・激しい運動・飲酒などはお控えください。軽いシャワーや洗顔は当日から可能です。 メイクなどは過度にこすったりしないように注意して頂ければ軽めのメイクをしてお帰り頂けます。
*
▲Vistaシェイプ(右頬)の例。1回の注入の効果です。目元の深いしわも目立たなくなり同時に法令線も目立たなくなってます。
*
▲Vistaシェイプ(左頬)の例。
ビスタシェイプをもっと詳しく

治療の組み合わせ

サーマクールやリードファインリフトと併用して頂くと、より相乗効果を得る事が出来ます。

レディエッセ

*

レディエッセは、ヒアルロン酸やコラーゲンとは違い、カルシウムベースの注入剤です。 歯や骨を形成する成分「カルシウムハイドロキシアパタイト」が主成分で、 とても柔らかく皮膚への馴染みが良く自然な仕上がりになります。 鼻やあごなどに注入すると骨様の組織を形成する性質があり、ヒアルロン酸などに比べて、持続期間は約12〜18ヶ月と長いのが特徴です。カルシウムハイドロキシアパタイトは、注入して線維組織に浸透していくと構造の隙間に繊維芽細胞が入り込んでコラーゲンを新生する作用があります。
ハイドロキシアパタイトが分解し、約12〜18ヶ月をかけて吸収されたあとも、生成されたコラーゲンは残りますので、長期間の持続効果が得られるのです。

レディエッセの安全性

FDA・CE・KFDAなど10カ国より承認を得ている安全性の高い製品です。
100%生態適合性があるためアレルギーの心配もありません。

レディエッセ注入部位

適応する注入部位は、

・鼻
・あご
・ホウレイ線
・頬のコケ
・こめかみ
・口角横のくぼみ
・ゴルゴライン
・マリオネットライン

目の周りや唇などの皮膚の薄い場所や額の横じわなどの浅い部分には使用しません。

お肌をこするなどの刺激や紫外線の影響がしみやしわの原因になります。 普段から日焼け止めクリームを使用するようにしてください。

ボトックス注射

ボトックスビスタは治療技術や製剤の取り扱いや関連知識などを習得する講習を受講し、 資格を取得した医師の所属する病院で治療することを お勧めします。
*

ボトックス注射による治療は15年以上も前から行われています。
ボトックスは、筋肉を動かす神経伝達物質をブロックする作用を持っています。これを応用して筋肉の収縮を抑制させることで、 小顔効果(エラやしもぶくれをなくす)・あごを細く尖らせる・足のふくらはぎを細くする・多汗症の改善・シワを軽減する・・・など、 美容皮膚科においても多くの治療にボトックスが使用されています。

現在のボトックス治療には、様々な薬剤が使用されていますが、美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでは、アラガン社製「ボトックスビスタ(「ボトックスビスタ」は、日本で唯一、シワ治療の用途にて 厚生労働省より承認を取得したものです。ボトックスビスタは知識と経験のある医師のみ使用できます。)」をおすすめしています。

ボトックス治療はボツリヌストキシンの作用メカニズムを応用した治療ですが、通常「ボトックス」と呼称しているのはA型ボツリヌストキシンです。 注射した位置から多くの筋線維に拡散しにくい性質があり、限局して注入しやすいメリットがあります。

ボトックス注射の治療効果

ボトックスは筋肉と神経の接合部に作用し、局所的に筋肉の働きを弱める効果があります。注入後3日ほどで効果があらわれ始め、約1週間ほどで完成してきます。小顔や足痩せなど大きな筋肉の部分の効果の場合は、約1週間で効果があらわれはじめ、2~3週間ほどで完成してきます。

ボトックスは注入したものの効果が切れてから再注入をしていくようになります。ボトックスの持続効果は個人差がありますが、4ヶ月~6ヶ月程(継続しての注入を繰り返していくとその部分の筋繊維が徐々に細くなり、効果が長持ちするようになってきます)持続します。
ボトックスの効果が切れてからかなりの間が空いてしまうと、その間に筋肉が鍛えられてしまうため、筋繊維が細くなりにくくなってくる傾向があります。
ボトックスの効果をより長持ちさせるためにも「効果が切れたかな?」と感じたらすぐに注入いていくのがポイントです。
*
▲ボトックス注射による額の横シワの改善
シワが多い方は同時にたるみも強く出始めていることが多いので、 顔の筋肉を引き上げようとして無意識のうちに筋肉に力を入れていることがあります。 その場合、すべてのシワをとろうとすると、逆にたるみを感じるようになってしまったり、無表情になってしまいます。 美容皮膚科 用賀ヒルサイドクリニックでのボトックス注射は若く見せることのみに専念せずに、少しシワを残しても素敵な表情を出せるように調整します。

ボトックス注射が効果的な注入部位

しわ改善 ・額
・目尻
・眉間
・鼻の横のシワ(バニーライン)
・あご
・眉のはねあがり
痩身 ・小顔(エラ)
・ふくらはぎ(足痩せ)
・脇
・額
・前頭部
その他改善箇所 ・ガミースマイル
・口角アップ
・アヒル口
・頬のコケ
・肩こり

ボトックス注射の注意点

注入したボトックスが周囲へ拡散することを防止するため、注入部位は強く押したり、マッサージしないようお気を付けください。まれに内出血を起こすことがありますが内出血が起こった場合にはしっかり冷やしていただきます。
内出血は1週間ほどでひいてきます。また、額などに注入した場合はまぶたが重いように感じたり、小顔の場合は物が若干噛みづらくなったりすることがありあすが、いずれも慣れるまでの一時的な感覚となります。

ボトックス注射とヒアルロン酸の相乗効果

ヒアルロン酸を併用しますと、より美しい仕上がりになるだけでなく、相乗効果が高まります。注入されたヒアルロン酸の吸収される期間が延長し、ボトックスの筋弛緩作用も延長します。

マイクロボトックス